不動産の売買の注意点について

 不動産の購入は、一般サラリーマンにとって一生に一度あるか無いかです。とても高額な売買ですので、慎重に考えてから不動産の購入をするか決断した方が良いかと思います。高額な売買ゆえに銀行からの融資の審査も、とても厳しいものです。
 不動産を売買するにあたり、近所との土地の球界トラブルが無いか、トイや軒が土地の境界を越境していないか、といった事も注意する必要があります。この様なことは事前に不動産会社が、調査しなければならないのですが、たまに、調査漏れがあり購入した後、この様な問題が発覚することもあるようです。
 不動産の売買の契約締結後、購入した不動産に対する調査漏れが発覚し、トラブルに発展した場合、不動産会社の重要事項説明の不足による損害賠償を請求することができますが、裁判まで発展するケースも多々あるようです。そのような事を回避するためにも、信頼できる不動産会社を選ぶ必要があります。
 この様なことから、不動産の売買をするには、慎重且つ信頼できる不動産会社を選ぶ必要があります。では、どのような不動産会社が信頼できるのかが問題です。一般的に不動産会社を選ぶには、設立年数の長い不動産会社を選ぶことをお勧めします。なぜなら、いい加減な仕事をしている不動産会社でしたら、そんなに長く営業できないからです。

不動産売買の際、注意する点が多々あります。その一つに、不動産売買には多くの手数料がかかります。登記費用や印紙代、火災保険料やマンションの場合は修繕積立金や管理費もまとめて一括払い、住宅ローンを借りれば保証料やら代行手数料やら...なんだかんだとっても高い。一般的に引っ越し代なども含めると、物件価格のおよそ5%~7%は諸費用にかかると言われています。家も高いのに、諸費用も高い。不動産売買は簡単にはいきませんね。

不動産売買にはいろんな注意点があります。まず、住宅ローンの審査ですが、会社員の方なら比較的簡単に借りれますが、自営業などの個人事業主の場合、なかなか貸してくれなかったり、金利が高くなってしまったりしますよね。なので、家を購入しようと思ったら、まず、事前審査というのを銀行でしてもらうといいですよ。売る不動産屋さんはローンが通るか通らないかをすっごい気にしてきますので。。

Copyright © All rights reserved.一戸建て住宅の不動産を売買する流れを理解する.